« よさこい東海道2010-その1- | トップページ | よさこい東海道2010-その3- »

2010年11月17日 (水)

よさこい東海道2010-その2-

『中央公園』の次は、『仲見世』です。
アーケードのある商店街で、原田親分のお店もあります。
幅が狭いので、踊り子さんは2列になります。

ここで、伊藤ご夫妻が私が来るのを待ってくださっていました。
踊り子さんは到着しているのに、私がいなくて、
探してくださっていた間に、
junpapaやALL☆STARの踊り子さんと話していたようです。

ここで、日専連号に今年初乗車となったのですが、
痛い事件が発生しました。

マイクを準備して、地方車の手摺を押さえると電気が…。
私は、静電気を起こし易いので、その類かな?とも思いましたが、
尋常でない…。ヒコーキ堂さんも、本気にしてくれないし…。
旦那が乗車してから、旦那に話して、現状確認してもらって、
マイクや手摺にガムテープ等を巻いて、
できたら手摺を持たないという対策を取りました。

しかし、地方車は、揺れるんです~。
手摺を持ちたいんです~。
仲見世が終わるまでに、2~3回放電しました。

さて、お次は『魚町・仲町』です。
踊り子さんも広い道路で、のびのびと踊っていました。

私たちバンド組に課せられたもう一つのミッション。
note秋風に誘われてnoteという歌詞のところから、
手拭をブンブン回すというものです。
日専連ファンクラブの皆さんが追っかけてきてくれて、
一緒に沿道でぶんぶん回して盛り上げてくれました。

それから、私の鬼門の『上土』。
毎年、このあたりで記憶がなくなっているんです・・・。
が、今年は、呑んでいないので、記憶があります!

少し待ちつかれて、地方車の上で正座していると、
目撃者が旦那に「奥さんが怒ってる!」と報告。
ただ、ぼ~としていただけなんです。

東急ホテルの前には、伊藤先生が見てくださっていて、
大きく手を振ってくださいました!
夕方になり、風が吹き始めましたが、いつもより暖かかったです。

前夜祭が、『狩野川』演舞場で始まりました。
もう、真っ暗です。
おでんや日本酒(旦那が呑んだ)を購入し、
ステージの出番に備えていました。
暗闇でお化粧を直すのは難しい・・・。

ステージでは、日本酒でだめになった旦那が、
某巨匠のようにカミカミのMCをしていました。

ぶんぶんと手拭を回す他のチームの踊り子さんもいて、
とても楽しく、嬉しかったです。

(つづく)

|

« よさこい東海道2010-その1- | トップページ | よさこい東海道2010-その3- »

コメント

その2も昨日のように思いおこせます

地方のビリビリ、本当に感じなかったもので、失礼いたしました
実は日曜日もビリビリがありました
パソコンの準備で階段に接していたところ、ビリビリと

そう言えば、今年はファンキー、モンキーの掛け声で、やらかしました
たくさん、掛け声をしてしまって…

投稿: ヒコーキ堂 | 2010年11月17日 (水) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よさこい東海道2010-その1- | トップページ | よさこい東海道2010-その3- »