« 第53回よさこい祭り-本番1日目その1- | トップページ | 第53回よさこい祭り-本番2日目その1- »

2006年8月15日 (火)

第53回よさこい祭り-本番1日目その2-

午後は、1ヵ所施設訪問をしたあと、競演場・演舞場回りとなります。

競演場・演舞場には、渉外班が先乗りして状況判断をするのですが、
どこいこサービスのおかげで、ある程度の予測をたてることができて助かります。

が、何を思ったか、130分待ちの旭演舞場の駐車場にバスが突っ込んだ!!!
予定どおり変更せず、順番を待つというのが、判断だそうで、
今なら上町は30分待ちでまだましでとか、秦は0分でとか言ってもなかなか変更しません。
30分ぐらい経過した時、やっぱり移動するということになり・・・。
(結局、旭では踊れずじまい・・・。)
もったいない時間を過ごしましたが、これが本番1日目のすべてのつまずきもととなったのでした。

移動先は、万々(ままと読みます)競演場。久しぶりに商店街チーム復活となった万々。
きゃあ~。どこいこサービスを見ると、ぞくぞくと集結中。
結局、6チーム目ぐらいで入ることができました。
最初が、万々というのは、踊り子にとって非常につらいかも・・・。
長さがけっこうある。おまけに、提灯だ!メダルをGETしてしまった。
早くも終了時には、肩が熱くなっていた。選手生命を絶たれるのか・・・。
でも、私にはよい友人がいる。すばやく、バンテンリンを差し出してくれました。

次は、秦演舞場。イオンショッピングセンターの駐車場にあり、小さい子ども連れには好評。
前の前のチームが高知県以外からのチームで、ウソのように進みが遅い!
なんせ、あの秦演舞場で約6クール踊ったのだから・・・。
後ろから踊った行った秦ちびっこ隊(正調)が追い抜きました。
待ち時間が暑い・・・。バスへ若手が走り、ポカリ系を持って来た。
練習中も度々事務局より熱中症についての注意を受けていたため、
意識的にお茶、アワ、ポカリ系と摂取していました。
これが、後に私の悲劇となっていきます。

さて、梅ノ辻へ向かうバスは、大渋滞へと巻き込まれます。
約50分の所要時間が・・・。
梅ノ辻では、私は、牛串やお好み焼きをおごってもらいごきげんでした。
日も暮れたので、アワの正式解禁。
踊り中の笑顔も自然とこぼれます。

上町は、割とすんなり踊れましたが、前のチームの衣装が気になり、皆で確認してました。
後ろの端の人(男性)のスカート様の物がめくれ、赤フンらしきものが・・・。
で、前方から、その赤フンはどうも皆がはいているらしいと確認。
踊り始めると、めくれているのが下がり、一同ほっと胸をなでおろしました。受けた!

その後、夕食10分の後に、升形へ移動。
ほにやの踊り子知り合いに遭遇しました。
うちのチームの子達を集め、沼津の船長に一芸見せてもらいました。ありがとう!
巻きで踊って、急ぎ歩きで追手筋へ。

初日最終の追手筋は、皆笑顔がはじけました。
桟敷席では、うちわを鳴子にみたてて、正調を一緒に踊ってくれる人。
掛け声をかけてくれる人。手を振ってくれる人。
のった、のった。のせてもらいました。
結果、花メダルをもらっちゃいました。
そして、初日終了。

|

« 第53回よさこい祭り-本番1日目その1- | トップページ | 第53回よさこい祭り-本番2日目その1- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5097/3065960

この記事へのトラックバック一覧です: 第53回よさこい祭り-本番1日目その2-:

« 第53回よさこい祭り-本番1日目その1- | トップページ | 第53回よさこい祭り-本番2日目その1- »